プロフィール

1958年生れ。4歳でクラシック・ピアノ、6歳でウクレレ、中学ではすでにロック・バンド活動と音楽ありきで育ち、高校でビル・エバンズを聞いて以来ジャズ・ピアニストを志す。
高校在学中にナイト・クラブのピアニストを始め、その後実力を買われて歌手のバック・バンドやスタジオ・レコーディング等の実績を積みあげてゆき、1982年にフュージョン・グループ The Square(ザ・スクエア:現T-Square)に参加。この The Squareでキーボード、作曲、編曲を担当し、バンドの黄金期のメンバーの1人として、‘98年に退団するまでに30枚以上のアルバム制作にかかわった。
1988年初のリーダー・アルバム『Amoshe』をリリースした他、’97年にソロ・ピアノ・アルバム『Forgotten Saga』をリリース、他のアーティストやサウンド・トラック(TV、ゲーム等)への作品提供、アレンジ、プロデュースなども手がける。

2002年に、和泉宏隆のレーベルとしてMisty Fountainを設立し、昨今の活動の原点となるソロ・ピアノ4部作を発売、ソロ活動を本格的に開始する。
2004年、慶應高校時代の仲間、鳥山雄司、神保彰とのトリオPYRAMIDでもデビュー、2011年6年ぶりのアルバム『Pyramid III』まで3枚のアルバムを発表してきている。
2006年10月には韓国のソウル、LG Arts Centerでソロ名義の韓国公演を実現のほか、韓国の音楽番組にも出演を果たした。

2012年には石川雅春(dr)と鳥越啓介(b)をメンバーに、The Water Colorsの名称でピアノ・トリオを稼働、アルバム『しなやかな風』を発売(SONY MUSIC)し、ライブ活動も含めヨーロッパ・ジャズ的独自の世界を提示してきている。
同2012年12月、ソロ・ピアノで映画音楽のカヴァー集を発売。その発売記念ツアーに同行を依頼したことがきっかけとなり、エレアコに特化したベテラン・ギタリスト、榊原長紀とDuo LIBRAを結成し、アルバム『a dedication』し精力的ツアー活動を展開した。
2014年にライブ活動先行でNANIWA EXPのギター岩見和彦との双頭バンド、Twilight Expressを稼働、そしてスクエアで長きに渡りバンドメイトだったベース奏者の須藤満とのデュオHIROMITSUでアルバムデビューを果たし、ツアーも積極展開。
2015年には長きに渡り組んできた石川雅春に加え、吉野弘志を迎えてのThe Water Colorsのセカンドアルバムを完成。

 

<Misty Fountainでの発売作品>

2002年04月 ソロ・ピアノ4部作『6to10morning朝のピアノ』、『18to22evening夕暮れのピアノ』
2002年10月 ソロ・ピアノ4部作『14to18afternoon午後のピアノ』、『22to26midnight真夜中のピアノ』
2003年10月 ソロ・ピアノ作品『時のないみち』学校唱歌11曲をフィーチャー。
2004年06月 ソロ・ピアノ作品『約束の楽章』
2005年11月 ソロ・ピアノ作品『Hirotaka Izumi covers LOVE SONGS』洋楽ヒット・カヴァー・アルバム
2007年06月 アンサンブル作品(初)『Lights In A Distance』
2008年04月 ピアノ・トリオ作品『A SQUARE SONG BOOK』Tスクエア時代のセルフ・カヴァー集
2008年05月 LIVE CD『LIVE 0221』 2008年9月LIVE DVD『LIVE 0801』トリオ+ゲスト・キーボード
2008年12月 ピアノ・トリオ作品『Beyond The River』
2009年12月 ピアノ・トリオ作品『NOSTARSIA』洋楽ヒット・カヴァー・アルバム
2009年12月 『Day Light』・『Moon Light』(2002年作品を其々二枚組としてリニューアル・リリース)
2010年12月 ソロ・ピアノ作品『Forever Purple』和泉音楽活動歴を原点から回顧的作品。
2012年06月 ピアノ・トリオ作品 The Water Colors『しなやかな風』
2012年08月 ソロ・ピアノ作品『covers SOUNDTRACKS』
2013年05月 デュオ作品『Duo LIBRA a dedication』
2014年07月 デュオ作品 HiroMitsu『6 on 224』
2015年11月 ピアノ・トリオ作品 The Water Colors『a return of saga』
2016年08月 デュオ作品 HiroMitsu『WIDE & FULL』